おのえき ONOMICHI STATION
PICKUP
PICKUP一覧
エキナカ
新商品
2020.09.07 更新

尾道駅発!地域への“愛着”を育むメディア「おのえきTIMES」特別号

  • twitterでシェアする
  • facebookでシェアする

おのえきTIMES 特別号(6号)は「鉄道会社の考えるこれからの地域づくり」

まちとまち、人と人をレールでつなぐJR西日本(西日本旅客鉄道株式会社)。鉄道事業を軸に事業展開をしてきたJR西日本が今取り組む「誰もが訪れたくなるまち、誰もが住みたくなるまちと沿線」をつくるさまざまな取り組みが、いまひとつのカタチになろうとしています。

目指すビジョンは瀬戸内エリアを「繰り返し訪れたくなる 一大周遊エリア」に。瀬戸内観光のゲートウェイを担う「尾道駅」のリニューアルをかわきりに、快適で旅がさらに楽しくなるサイクルシップの就航や観光列車の運行、地域の価値向上に向けた取り組みを地域の皆さまと共に生み出す「せとうちパレットプロジェクト」そして、島の未来を描くワークショップ「しおまちとワークショップ」に、明治初期の屋敷をリノベーションしたホテルの開業を2021年に控えるなど、地域の活性化に向けた動きが始まっています。

 おのえきTIMES 特別号
 https://onoekitimes.actibookone.com

おのえきTIMES 特別号では、地域づくりに取り組むキーパーソンに、瀬戸田の今とこれからを語っていただきました。

岩崎 優さん
JR西日本 岡山支社 ふさとおこし本部 本部長
<地域との連携で瀬戸内の旅をもっと豊かに>
まちづくりは、私たちの力だけで実践できません。地元のみなさまの協力が不可欠。瀬戸内エリアの中でも、瀬戸田は重要な存在。しまなみ海道は日本で唯一、海峡を自転車で渡ることができるという圧倒的な魅力があります。独特な風土や文化を通じて、非日常を感じられるのも島旅の醍醐味です。

内藤 真也さん
せとうちDMO/JR西日本広島支社地域共生室、総合企画本部(MaaS推進部)
<想いをひとつに みんなの夢が叶う地域をつくる>
瀬戸田は、車、自転車、船などいろんな交通手段で訪れることができる場所。
今、瀬戸田の町は堀内邸をはじめ、各所で工事が実施されています。でもそれは嫌な騒々しさではなく〝次に向かう何かが生まれている〞という力強い生命力を感じます。

山口 広三さん
お食事処 わか葉/しおまち商店街の輪 会長
<古きを守りながら新しきを受け入れ共に創り上げていく>
ワークショップは飽きる暇がないほど面白いんです。地元の人も変化することへの希望と期待を持ち主体的に参加しています。わがまちの魅力を再認識しています。

砂田 剛伸さん
尾道市役所 瀬戸田支所 しまおこし課 しまおこし係 係長
<瀬戸田を愛し瀬戸田に関わるみんなが主役>
今、瀬戸田には、本気でまちのことを考える人たちが集結し、一人ひとりが、50年先、100年先のまちのために何ができるかを考え、形にしようとしています。

尾道駅発!瀬戸内を電車と船でつなぐ新しい周遊観光

  • twitterでシェアする
  • facebookでシェアする